洋らん会風景

by鹿児島洋らん会



2004年04月04日(日)
4月人気投票 一位

Dendorobium aggregatum(D.lindley Steud)
デンドロビューム アグレガツムとかアグレガータムと言います。
原産地は、アッサム、ビルマから南中国、マレーに自生する。
最初、M.Pierardがアラカン山でサルスベリの木に着生するのを発見しRoxburghが1832年に記載されたと言われております。種名は群生すると言う意味です。中温性に分類されますが、鹿児島では直接霜の当たらない場所なら栽培できるので、もっと普及するといいですね!

栽培者:鹿児島洋らん会 副会長 新村訓洋さん
この個体は、画像からも判るように大輪の優良個体です。
9年ほど前入手され、ここまで立派な株に育て上げ、開花期を少し調整して
4月例会への出品となった。ほぼ満場一致で見事4月人気投票第1位に選ばれました。
鹿児島では、年間通して屋外で栽培すると5月頃に開花します。




2004年04月04日(日)
人気投票 2位

Dendrobium wardianum Warn.
デンドロビューム・ワーディアヌムとかワーディアナムとかいます。
直立または下垂する。色彩共に美しい品種ですが、栽培はやや難しいデンドロの部類に入ります。アグレガツムと同じ地域に自生する蘭ですが、海抜1,800〜2,200mとやや高地に自生するために鹿児島の夏は出来るだけ涼しい所で管理したい物です。
因みにアグレガツムは主に500〜2,000mまでと広範囲に自生するようです。

栽培者:鹿児島洋らん会 副会長 瀬戸山 望 さん






2004年04月04日(日)
4月例会風景

4月例会
・人気投票
・役員改選
・4月の管理全般
・ナメクジ駆除方法
・質疑応答
・販売会
・その他

 本日午前11時より16年度会計監査を行った。




キーワード



定例会ログ
shiromuku(fs)DIARY version 1.03